安全性のある商品

プラスチック食品容器の歴史について

作業員

現在主流となっているプラスチック食品容器は、1960年ごろに誕生しました。これはちょうど日本が高度経済成長期に入り、大量生産・大量消費が進み始めた時期と一致します。1950年代の後半には大手スーパーが相次いで誕生したことも普及に拍車をかけました。 1970年ごろには安心・安全を求める声が高まり、裏側からも肉の品質が確認できる透明トレーが誕生。1980年代にはコンビニの店舗数が一気に増加したことに伴い、弁当用の耐熱プラスチック食品容器の需要が高まりました。1990年代以降は環境問題に対する意識の高まりからリサイクル可能なA-PET放送が多く出回るようになり、2000年代には植物由来の原料を使用した環境にやさしいプラスチック食品容器も登場しています。また、プラスチック食器容器などは、専門業者に成形や加工を依頼することが出来るのでサイズや形など好みに合わせて発注することが可能です。プロの専門業者は私たちの周りに数多く存在し、金型や部品加工など目的に合わせてプロに依頼することが出来ます。

プラスチック食品容器に求められることとは

食品に直接触れるものでもあることから、プラスチック食品容器にまず求められることは安全性です。現在使用されているプラスチック食品容器にはPS、PP、PPFなどさまざまな樹脂製のものがあり、中に入れる食品によってそれぞれの特性を生かした形で使い分けられています。 プラスチック食品容器に関しては、食品衛生法第3章で細かな取り決めがあり、それに基づいてクリーンな環境の工場で生産されています。業界の自主基準でも材質などに細かな規制があります。かつては環境ホルモンの問題も取りざたされていましたが、現在では問題がないことが試験によって証明されています。

床材で注目を集めている

工場

タキロンでは数多くの製品が生み出されていますが、その中でも注目を集めているものに床材が挙げられます。マンションなどの住宅でも多く使用されており、安全性に優れているので注目が集められている製品といえるでしょう。

詳細を確認する...

シーンに合わせて活用

作業員

食器容器は多種多様となっており、色々なところで使用されています。また、スーパーやコンビニなど市販でも購入することが可能ですが専門店ではより多くの種類が販売されているので利用すると良いでしょう。

詳細を確認する...

新しい可能性

工場

最近話題となっているガラス容器で、メイソンジャーというものがあり、密閉が出来て尚且つ高温や低温にも耐えることが可能となっています。また、外部への持ち運びも出来るようになり、新しい可能性が増えているのです。

詳細を確認する...