床材で注目を集めている

タキロンは意外に身近だった!

工場

タキロンは大阪に本社を置くプラスチック製造の会社です。創業者である滝川氏の「タキ」、プラスチック材料のナイロン、ビニロンの「ロン」を取り、「タキロン」の名称が生まれました。 近年タキロンは、長年培ってきたプラスチック製造の技術を生かし、様々な製品を世に送り出しています。 実は、私たちが気付かないうちに、生活の身近なところでタキロンの製品が使われています。例えば、マンションの床材、プールサイドの滑り止め、住宅の雨どい、体内で分解・吸収される骨接合剤まで、様々な環境で活躍しています。 身近な製品で生活の役に立つことがタキロンのモットーです。意識をすれば私たちの身近に、もっとタキロン製品を見つけることができるのではないでしょうか。

タキロンは質の高い床材などを製造している

タキロンは建築資材をはじめとする様々な資材を販売している業者で、特に園芸用資材や土木資材に定評があります。 このような資材は一般的に多くの資材を必要とすることが多いので、資材を貯蔵するのには大規模な倉庫が必要になります。タキロンは大規模な倉庫を保有しているため、様々な資材を製造販売することができます。また、マンションの階段部分の床材も製造しており、品質の高さには定評があります。 このようにタキロンが行っている事業は多岐に及ぶため、実態をあまり知らない方も多くいらっしゃいます。しかしタキロンが製作した資材は身近なところに多く存在しており、誰もが目にしたことがあるといっても過言ではありません。 タキロンの品質の高い床材の平均相場は一般的なサイズで5000円程度と比較的安く購入することができます。